幾何学演習講義資料7

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数221
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    自然

    代表キーワード

    幾何学演習講義資料

    資料紹介

    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved.
    幾何学演習
    第7回(全8回)
    7
    -1
    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved.
    2つの集合X,Yについて
    ,XからYへの全単射が
    存在するとき

    XとYは同じ
    濃度をもつ
    といい

    |X|=|Y|:
    ∃f:X→Y :全単射
    で表
    す。
    7
    -2
    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved.
    例1.
    Xを自然数全体の集合とし,Yを偶数全体の集合とする。 XからYへの写像fを
    f(x)=2x

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved.
    幾何学演習
    第7回(全8回)
    7
    -1
    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved.
    2つの集合X,Yについて
    ,XからYへの全単射が
    存在するとき

    XとYは同じ
    濃度をもつ
    といい

    |X|=|Y|:
    ∃f:X→Y :全単射
    で表
    す。
    7
    -2
    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved.
    例1.
    Xを自然数全体の集合とし,Yを偶数全体の集合とする。 XからYへの写像fを
    f(x)=2x
    と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。