幾何学演習講義資料4

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数162
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    幾何学演習講義資料

    資料紹介

    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved.
    幾何学演習
    第4回(全8回)
    4
    -1
    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved. 4
    -2
    集合Xの2つの部分集合A,Bについて
    A⊂B かつ B⊂A
    が成り立つとき,
    A=B:AとBが等しい
    という。これを記号を使って表すと
    A∍
    x ⇔ x
    ∊B
    となる。
    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved. 4
    -3
    A≠B は
    (1) A⊂Bでない
    または
    (2) B⊂Aでない
    ことになる。 (1)の

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved.
    幾何学演習
    第4回(全8回)
    4
    -1
    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved. 4
    -2
    集合Xの2つの部分集合A,Bについて
    A⊂B かつ B⊂A
    が成り立つとき,
    A=B:AとBが等しい
    という。これを記号を使って表すと
    A∍
    x ⇔ x
    ∊B
    となる。
    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved. 4
    -3
    A≠B は
    (1) A⊂Bでない
    または
    (2) B⊂Aでない
    ことになる。 (1)の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。