正中神経伝導速度の測定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,138
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [目的]
    筋電図と末梢神経伝導検査の使用方法・原理を理解し、末梢神経および感覚神経を電気的に刺激したときの反応をみる。
    [方法]
    刺激装置の記録電極のアースを手首に取り付けた
    記録電極のマイナスを母指球筋の中央あたりに取り付けテープで固定した
    記録電極のプラスを親指の付け根辺りに取り付けテープで固定した
    手首の手のひら側の神経の直上に刺激電極を押し当てた
    肘のくぼみで上腕二頭筋側の神経の直上に刺激電極を押し当てた
    [結果]
    神経のちょうど直上に刺激電極が当たった時、親指が神経の伝導と同時に動き続けた。
    刺激パルスの持続時間:2ms(0.002sec)
    刺激パルスの電圧:42V
    肘から手首までの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。