子どもたちの可能性を伸ばす授業をするにはどうすればよいか。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数391
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どもたちの可能性を伸ばす授業をするにはどうすればよいか。
    教育の目的とはいろいろなことが言われているが、時代、社会に対して、自分の力で参加する力をもつ人間の育成というのがひとつあげられる。そうした人間を育成するためには、子どもたち一人ひとりの可能性を伸ばす授業を展開しなければならない。教育実習においては子どもの可能性を伸ばしたい、生きる力をもった人間を育てたいという、子どもたちへの情熱をもつことが必要である。真摯な態度は子どもたちに必ず伝わるものである。私は子どもたちと真剣に接し、情熱をもって教育実習に臨みたい。
    教科指導
    教科指導ではまず何よりも子どもが安心して心をひらくことのできる雰囲気..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。