現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数13,321
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめなさい。
     今日、学校を取りまく教育環境はますます悪化している。「いじめ」や「不登校」、「学級崩壊」などが、大きな社会問題としてクローズアップされるようになってきているからである。そこで、21世紀という新しい時代を生きる子どもたちを心豊かに育てることのできる、優れた資質能力と実践的力量を有する教員が強く求められている。
    1997年7月に出された教育職員養成審議会の第一次答申『新たな時代に向けた教員養成の改善方策について』において、教員に求められる資質能力とは、いつの時代にも求められる資質能力と今後特に求められる具体的資質能力のふたつが考えられるとある。
    いつの時代にも求められる教師の資質とは、教育者としての使命感、人間の成長・発達についての深い理解、幼児・児童・生徒に対する教育的愛情、教科等に関する専門的知識、広く豊かな教養、これらを基盤とした実践的な指導力があげられる。一般に「専門的職業である『教職』に対する愛着、誇り、一体感に支えられた知識、技能等の総体」といった意味内容を有するもので、「素質」とは区別され後天的に形成可能なものとされている。教員であるからには必ず有しなければならない資質能力である。
     今日の社会の状況や学校・教員をめぐる諸問題を踏まえたとき、今後特に教員に求められる具体的資質能力とは何か、前述した答申で3つあげられている。「地球的視野に立って行動するための資質能力」、「変化の時代を生きる社会人に求められる資質能力」、「教員の職務から必然的に求められる資質能力」である。
    「地球的視野に立って行動するための資質能力」とは①地球、国家、人間等に関する適切な理解、②豊かな人間性、③国際社会で必要とされる基本的な資質能力、と3つに分けられる。①地球、国家、人間等に関する適切な理解とは、自ら培った偏りのない幅広い視野をもち、めまぐるしく変化する世界の中で、個人、地球、国家の関係について適切な理解を有するということである。また自分が所属する社会、集団における正しい規範意識をもち、子どもたちの師表たるに相応しい人間でなければならない。②豊かな人間性とは人間尊重・人権尊重の精神を第一に考え、豊かな人間性を生活に活かすことができることが求められる。特にすべての子どもが義務教育として、揃って公教育を受けはじめる小学校においては、人間愛(豊かな人間性)の育成に努力を傾注しなければならない。また、日本国憲法にもうたわれている男女平等の精神、相手の立場に立って物事を考える思いやりの心、利害ぬきで物事を考えるボランティア精神も必要である。特にボランティア精神は教員に不可欠である。教員という仕事は未来を担う人間を育てる職業である。教育方法にこれが正解というものはない。幼児・児童・生徒の人格形成のために教科外の活動も多く求められる。学校現場では、行事や部活動など教員のボランティア精神ぬきで成り立たない活動がたくさんある。③国際社会で必要とされる基本的な資質能力とは、世界中のさまざまな考え方や立場の相違を受容し、多様な価値観を尊重する態度、国際社会の一員として社会に貢献する態度、自国や地域の歴史・文化を理解し尊重する態度が求められる。
     答申でふたつめにあげられている「変化の時代を生きる社会人に求められる資質能力」は、①課題解決能力等にかかわるもの、②人間関係にかかわるもの、③社会の変化に適応するための知識及び技能の3つにわけられる。①課題解決能力等にかかわるものとは個性、感性、創造力、応用力をもち、得意分野

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめなさい。
     今日、学校を取りまく教育環境はますます悪化している。「いじめ」や「不登校」、「学級崩壊」などが、大きな社会問題としてクローズアップされるようになってきているからである。そこで、21世紀という新しい時代を生きる子どもたちを心豊かに育てることのできる、優れた資質能力と実践的力量を有する教員が強く求められている。
    1997年7月に出された教育職員養成審議会の第一次答申『新たな時代に向けた教員養成の改善方策について』において、教員に求められる資質能力とは、いつの時代にも求められる資質能力と今後特に求められる具体的資質能力のふたつが考えられるとある。
    いつの時代にも求められる教師の資質とは、教育者としての使命感、人間の成長・発達についての深い理解、幼児・児童・生徒に対する教育的愛情、教科等に関する専門的知識、広く豊かな教養、これらを基盤とした実践的な指導力があげられる。一般に「専門的職業である『教職』に対する愛着、誇り、一体感に支えられた知識、技能等の総体」といった意味内容を有するもので、「素質」とは区別され後天的に形成可能なものと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。