『同和教育の意義・歴史を概括し、学校における同和(人権)教育実践の具体的なあり方について述べなさい。』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数769
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『同和育の意義史を括し、校における同和(人)育の具的なあり方について述べなさい。』
    日本における人育は、同和育を中心に展開されてきた。太平洋後、同和育は心ある師らにより自主的な育活動として取り組まれる。また前と同に部落差別を封建社の滓としてとらえられ、敗後の民主主義思潮の下で同和問題を一に解決しようとした。しかし1951年10月の京都市のオルロマンス差別事件により同和問題にする行政責任がしく問われ、同和育も大きく換が求められた。何より部落の子どもや親がおかれた育環境、育件の態が問われるようになった。また育現場においても相次いで差別事件が起こり、立大育部出身の採用後において同和校への赴任拒否という事態も起こる。このような況下で、自主的な同和究活動をけてきた都市の同和育究によって1953年に「全同和育究協議」が結成される。1960年の京都市で開かれた大12回大では、『同和育は部落差別をなくするという共通の立場に立って、最低の子どもと親の育要求を現する育運動であり、民の利を守るたたかいと結びついた運動である。』と統一見解がまとめられる。そして、育委員において、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『同和教育の意義・歴史を概括し、学校における同和(人権)教育実践の具体的なあり方について述べなさい。』
    日本における人権教育は、同和教育を中心に展開されてきた。太平洋戦争後、同和教育は心ある数師らにより自主的な教育活動として取り組まれる。また戦前と同様に部落差別を封建社会の残滓としてとらえられ、敗戦後の民主主義思潮の下で同和問題を一挙に解決しようとした。しかし1951年10月の京都市のオール・ロマンス差別事件により同和問題に対する行政責任が厳しく問われ、同和教育も大きく転換が求められた。何より部落の子どもや親がおかれた教育環境、教育条件の実態が問われるようになった。また教育現場においても相次いで差別事件が起こり、国立大学教育学部出身の採用後において同和校への赴任拒否という事態も起こる。このような状況下で、自主的な同和研究活動を続けてきた都市の同和教育研究会によって1953年に「全国同和教育研究協議会」が結成される。1960年の京都市で開かれた大12回大会では、『同和教育は部落差別をなくするという共通の立場に立って、最低辺の子どもと親の教育要求を実現する教育運動であり、国民の権利を守るた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。