『小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明せよ。』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数985
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『小校において育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ不登校のいずれかをとりあげて明せよ。』
     育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか、不登校の育相談を任員がおこなうという場合について考えてみる。
     育相談をおこなう上で重要なことは「カウンセリングマインド」で臨むということである。カウンセリングマインドとは、校育現場などで育や指導にあたるのに必要な、カウンセリングの基本的な態度や姿勢をさしている。不登校の育相談の場合、「どのような子どもの問題行動あるいはクラスのトラブルも、たまたま運く起こったのではなく、そうなる必然性があって起こったのだ」というように、トラブルの「意味」を考える姿勢をもつことが重要である。
     同じ不登校でも、子どもにはさまざまなタイプがみられる。具的には面目、帳面で優等生の息切れタイプ、孤立、いじめなどで、人間係のもつれが背後にある場合、業不振、怠、非行など他の問題がからんでいる場合、これまで不登校がある場合、身症が全面に出ている場合などが考えられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明せよ。』
     教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか、不登校の教育相談を担任教員がおこなうという場合について考えてみる。
     教育相談をおこなう上で重要なことは「カウンセリング・マインド」で臨むということである。カウンセリング・マインドとは、学校教育現場などで教育や指導にあたるのに必要な、カウンセリングの基本的な態度や姿勢をさしている。不登校の教育相談の場合、「どのような子どもの問題行動あるいはクラスのトラブルも、たまたま運悪く起こったのではなく、そうなる必然性があって起こったのだ」というように、トラブルの「意味」を考える姿勢をもつことが重要である。
     同じ不登校でも、子どもにはさまざまなタイプがみられる。具体的には真面目、几帳面で優等生の息切れタイプ、孤立、いじめなどで、人間関係のもつれが背後にある場合、学業不振、怠学、非行など他の問題がからんでいる場合、これまで不登校歴がある場合、身体症状が全面に出ている場合などが考えられる。また、子どもの心を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。