『現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,445
ダウンロード数75
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『現在は情報社さらには知識社と呼ばれているが、その社にあっては知識を扱う育はきわめて重要である。基礎基本の力と育格差と格差との連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで育方法はどのようにあるべきか。』
     2004年12月に、力にする2つの際調査結果が公表された。IEA(際育到達度評)の際理科育動向調査の2003調査(TIMSS2003)の結果によると、日本は、中2のが前回(1999年)と同じく5位、理科が4位から6位になり、小4の算は前回(1995年)と同じ3位、理科は2位から3位になった。また、調査に含まれている質問紙にする解答で、理科とも「勉のしさ」、「勉への積極性」、「得意な科かどうか」、「勉にする自身」、「自宅で宿題をする時間」などが際的にみてかなり低い況だった。同じく2003年にOECD(協力開機構)が施した際的な習到達度調査(PISA)の結果においても、日本の順位は解力が8位から14位へ、的リテラシが1位から6位へと下がり、科的リテラシは2位のままわらず、今回導入された問題解決力が4位という結果だった。また、2002年に文科省から公表された「全校一力テスト(育課程施況調査)」の分析結果は、少なくとも算と社で、子どもたちの力低下が確に起こっていることを物語っている。育係者は、これまで以上に、科の基礎基本の力をすべての子どもたちに確に身につけさせる方策を講じなければならない、と叫ばれている。「ゆとり育」の方針に基づいて、1999年に習指導要領の全部を改聖˚나履智┴괭퉤먼切몽쁠貼瞼묫в非 ちょうどこの時期、首都で私立中を受する子どもの割合が急している。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。』
     2004年12月に、学力に関する2つの国際調査結果が公表された。IEA(国際教育到達度評価学会)の国際数学・理科教育動向調査の2003調査(TIMSS2003)の結果によると、日本は、中2の数学が前回(1999年)と同じく5位、理科が4位から6位になり、小4の算数は前回(1995年)と同じ3位、理科は2位から3位になった。また、調査に含まれている質問紙に対する解答で、数学・理科とも「勉強の楽しさ」、「勉強への積極性」、「得意な教科かどうか」、「勉強に対する自身」、「自宅で宿題をする時間」などが国際的にみてかなり低い状況だった。同じく2003年にOECD(経済協力開発機構)が実施した国際的な学習到達度調査(PISA)の結果においても、日本の順位は読解力が8位から14位へ、数学的リテラシーが1位から6位へと下がり、科学的リテラシーは2位のまま変わらず、今回導入された..

    コメント1件

    onomichinish 購入
    ありがとうございます。大変役に立ちました。
    2007/11/28 20:07 (9年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。