『なぜ介護等体験研究が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,109
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『なぜ介護等体験研究が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。』
    小学校・中学校の普通免許状の取得に介護等体験が必要とされる介護等体験特例法、平成10年4月1日に施行された。この制度は、田中真紀子議員らが提出した議員立法により成立した。田中真紀子議員が自らの経験に基づいてこの法案を提案した。田中真紀子議員の父親は元首相田中角栄氏だが、晩年は介護が必要な状態になり、娘の田中真紀子議員が介護した。このとき議員は角栄氏の介護をすることで、自分の人生が豊かになったと言っている。介護をすることによって、人間として大切なものを発見することができた、他の人を思いやる心をよみがえらせ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。