『「ことばの学び手としての児童に教えること」について、「話すこと・聞くこと」「書くこと」「読むこと」とかかわらせ、具体的な例を示しながら論じなさい。』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数619
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『「ことばのび手としての童にえること」について、「話すこと聞くこと」「書くこと」「むこと」とかかわらせ、具的な例を示しながら論じなさい。』
    1.「ことばのび手としての童にえること」とは?
     「ことばのび手としての童にえること」とはどのようにおこなえばよいだろうか。まず童にことばをえるには「現在童が揮している力」と「童がこれまでに獲得してきた力」を理解しなければならない。童の態の把握は一時的なものであってはならない。初の態が把握できたからといってそれが一年間通用するものではない。童の把握は時間をかけてとぎれることなく行っていかなければならない。
     「童理解」のために留意しなければならないことはまず、どの童にも自のがあり、その童はそこで培われた言語系をもっているということを知っておくことである。次に、童は新しい況において、多な言語活動を行っていくということに留意しなければならない。一人一人が違った言語系をもっているということは、新たな況においては、然一人一人が違った言語活動を展開していくということである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『「ことばの学び手としての児童に教えること」について、「話すこと・聞くこと」「書くこと」「読むこと」とかかわらせ、具体的な例を示しながら論じなさい。』
    1.「ことばの学び手としての児童に教えること」とは?
     「ことばの学び手としての児童に教えること」とはどのようにおこなえばよいだろうか。まず児童にことばを教えるには「現在児童が発揮している力」と「児童がこれまでに獲得してきた力」を理解しなければならない。児童の実態の把握は一時的なものであってはならない。当初の実態が把握できたからといってそれが一年間通用するものではない。児童の把握は時間をかけてとぎれることなく行っていかなければならない。
     「児童理解」のために留意しなければならないことはまず、どの児童にも独自の経験があり、その児童はそこで培われた言語体系をもっているということを知っておくことである。次に、児童は新しい状況において、多様な言語活動を行っていくということに留意しなければならない。一人一人が違った言語体系をもっているということは、新たな状況においては、当然一人一人が違った言語活動を展開していくということである。また、言語には音..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。