現行の学習指導要領に示されている家庭科の内容(3)「生活に役立つものを製作する」の具体的な実践の指導案を作成しなさい。その際、(3)以外の内容(1)~(8)の2つの内容を関連させて指導できる題材を設定しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,516
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現行の習指導要領に示されている家庭科の容(3)「生活に役立つものを製作する」の具的なの指導案を作成しなさい。その際、(3)以外の容(1)~(8)の2つの容を連させて指導できる題材を設定しなさい。
    連させている容
    「家庭生活に心をもって、家庭の仕事や家族とのふれあいができるようにする。」
    「衣服に心をもって、日常着を着たり手入れしたりすることができるようにする。」
    家庭科習指導案
    習生 氏名     
    1.指導日時 平成19年5月31日(木)第1時限
    2.指導級 6年2組(男子16名、女子16名、合計32名)
    3.指導場所   小校3階被服室
    4.題材名 家庭生活に役立つものを作ろう
    5.題材設定の理由
    本題材では、習指導要領家庭科の容、(1)「家庭生活に心をもって、家庭の仕事や家族とのふれあいができるようにする。」、(2)「衣服に心をもって、日常着を着たり手入れしたりすることができるようにする。」と連づけて、(3)「生活に役立つ物を製作して活用できるようにする。」、をねらいとする。
    5年生では、玉結び、玉止め、なみ縫い、返し縫いを使って小物を工夫して作り、手縫いの基礎を身につけた。また、ランチョンマット作りを通してミシンの扱い方や縫い方をんだ。本題材では、これまでに身につけた知識や技能を生かして、自分や家族の生活に役立つ布製の物を製作する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現行の学習指導要領に示されている家庭科の内容(3)「生活に役立つものを製作する」の具体的な実践の指導案を作成しなさい。その際、(3)以外の内容(1)~(8)の2つの内容を関連させて指導できる題材を設定しなさい。
    関連させている内容
    「家庭生活に関心をもって、家庭の仕事や家族とのふれあいができるようにする。」
    「衣服に関心をもって、日常着を着たり手入れしたりすることができるようにする。」
    家庭科学習指導案
    実習生 氏名     
    1.指導日時 平成19年5月31日(木)第1時限
    2.指導学級 6年2組(男子16名、女子16名、合計32名)
    3.指導場所   小学校舎3階被服教室
    4.題材名 家庭生活に役立つものを作ろう
    5.題材設定の理由
    ・本題材では、学習指導要領家庭科の内容、(1)「家庭生活に関心をもって、家庭の仕事や家族とのふれあいができるようにする。」、(2)「衣服に関心をもって、日常着を着たり手入れしたりすることができるようにする。」と関連づけて、(3)「生活に役立つ物を製作して活用できるようにする。」、をねらいとする。
    ・5年生では、玉結び、玉止め、なみ縫い、返し縫いを使って..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。