P6302米文学史第1設題と2設題セット(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数17
閲覧数258
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    『エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ』

     

     1.エドガー・アラン・ポー

    Edgar Allan Poe, (1809-49)は、旅役者の子としてボストンに生まれ、幼くして孤児となり、商人の養子となったが、賭博と飲酒のため身を崩し、養父と不仲になり、ニューヨークなどで雑誌の編・・・・・・・・・(略)

     2、ポーの詩

    詩で有名なのは、「大・・・・・・(略)

    3、ポーの短編小説 

    ポーの本領はやはり短篇小節にあると考えてよい。全部で約70篇に



    4、ポーの推理小説

    狂気のポーに対して、正気のポーの優れた知性が最もよく発揮されているのは、推理小説である。ポー自身は推理にratiocination



    5、 ポーの評論

    「大鴉」に対する「創作の哲理」のように、短篇小説についてもポーは同様な見解をホーソンの短編集『トワイス・トールド・



    2.マーク・トウェイン(Samuel Langhorne Clemens 1835-1910)

     ある評論家が、マーク・トウェインを「ミシシッピ河から西に生まれたアメリカ最初の大作家」とよんでいるが、西部の最初の大作家であるとともに、最後ということもできる。



    『ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ』

     

    1, Scott Fitzgerald (1896-1940)

    1920年代のジャズエイジの栄光と没落を一身に具現したような文学的経歴を送った。戦場にはいかず、戦後の華やかさとその崩壊の儚さを代表するような文学的経歴をもつ。処女作「



    5, Thomas Wolfe (1900-1938)

    フォークナーが称賛していた同時代の南部出身作家に、トマス・ウルフという異色の存在がある。ウルフは、徹底的に自分に密着することによって普遍性に到達しようとする。猛烈に燃焼して、38年の短い生涯をあっけなく

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ』
     
     1.エドガー・アラン・ポー
    Edgar Allan Poe, (1809-49)は、旅役者の子としてボストンに生まれ、幼くして孤児となり、商人の養子となったが、賭博と飲酒のため身を崩し、養父と不仲になり、ニューヨークなどで雑誌の編集をしながら短篇を書きまくった。どん底の中の生活で妻が病死、消息を絶った後、路傍で意識不明のまま発見、数日後に短い生涯を閉じた。
    死の影の下で美を追求する作風には、むろん当時のゴシック小説の影響を指摘することもできるが、常に死の恐怖を感じていたポー自身の心象風景とみるべきである。
    2、ポーの詩
    詩で有名なのは、「大鴉」(1845)である。発表の翌年「創作の哲理」という評論で自分の創作過程を解説して見せた。創作に際して、詩の長さ、内容、効果などを予め設定してから、用語を選び、詩を組み立ててゆく手順を詳しく語っている。インスピレーションを感じて一気に書きあげるのとは正反対の理詰めで技巧的な創作法である。
    ポピュラーな「アナベル・リー」や「鈴」も、音の効果を非常に計算した作品である。その他、「ユラリ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。