p6302 米文学史第2設題(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数364
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    P6302米文学史A評価

    代表キーワード

    米文学史P6302,

    資料紹介

    『ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ』
     
    1, Scott Fitzgerald (1896-1940)
    1920年代のジャズエイジの栄光と没落を一身に具現したような文学的経歴を送った。戦場にはいかず、戦後の華やかさとその崩壊の     『略)    3, John Dos Passos (1896-1970)
     ドス・パソスは、フィッツジェラルドラルドと同じ世代でありながら、その栄光と破滅を一歩離れて批判的にみる目を持っていた。ポルトガル系で、幼時からヨーロッパ各地を旅行しているが

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ』
     
    1, Scott Fitzgerald (1896-1940)
    1920年代のジャズエイジの栄光と没落を一身に具現したような文学的経歴を送った。戦場にはいかず、戦後の華やかさとその崩壊の儚さを代表するような文学的経歴をもつ。処女作「楽園のこちら側」(1920)がヒット、『楽園のこちら側』『美しく呪われた人』ののち、傑作「偉大なるギャッツビー」(1925)を発表した。ニックという人物を語り手として設定したことが、この作品の成功のおおきな原因の一つと言われている。作品は巧み構成されている。
    2, Ernest Hemingway (1899-1961) 
    自分の興味を追求し続け、独自の文学世界を作り上げた。長篇「日はまた昇る」(1926)が評判となり、ヘミングウェイは一躍有名作家となる。この本の見返しに掲げられた’You are all a lost generation’という言葉が「失われた世代」の出所である。この作品は「失われた世代」を描いた古典としての地位を獲得した。また、hard-boiledとよばれる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。