Z1104 教育社会学1 (happy campusへ)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数394
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A評価でした。

    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。」 

    教科書をよくまとめること。

    参考文献もよく読み、教科書と参考文献のどこを引用したかを

    具体的に書き入れました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。」  
     学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの分配の基準として学歴が重きを占める社会」と定義することができる。社会的地位とは職業的地位と重なる側面もあるが、広い意味であり、具体的には就職・昇進・結婚などの文化的地位なども含む。学歴社会は、ただ単純に教育を重視する社会ではなく、教育を重視するという意味以上のものが学歴社会の教育にはあるのである。
     歴史を紐解くと、日本が、必然的に学歴社会になっていた背景がわかる。明治維新以前は、士農工商のような封建制度の下で、父親の身分がその子どもの進路・職業を決定し、教育も、士族の子どもと町人・農民の子どもは異なる教育機関で学んでいた。
    しかし、明治維新という大改革のもとで、「富国強兵」に代表される欧米への追いつけとばかりに意図した国家目標の達成の為に、幅広い分野において、相当数の優れたリーダー・人材を質量両面で安定的に養成する為には、従来の身分階級に縛られた形での教育や職業が安定されるシステムに代わって、より効率的な人材育成と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。