介護概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,033
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    高齢者が求める福祉専門職について
     戦後より近年にかけて日本では大きく社会構造が変化したと言えるだろう。医療水準の向上とともに類を見ないほどの高齢化が進み、また核家族化、女性の社会進出の増加などによりそれまで家族が担ってきた介護を行う者が不在となることなど、介護をめぐる問題が深刻化してきた。高齢者の日常生活において困難をきたすおそれがある問題を社会的にとらえ、対応するために平成十二年四月に介護保険が導入され社会全体で支える体制となり、その中で介護に従事する福祉専門職が大きな役割を持つと思われる。その高齢者の日常生活に介護、または援助を提供する福祉職の有資格職としておもに社会福祉士、ケアマネージャー、介護福祉士、ホームヘルパーがあげられ、医療面からも医師、看護師、作業療法士、理学療法士、その他精神保健衛生士や臨床心理士など多岐にわたり専門的な役割と活動もそれぞれだが福祉職全般において求められる共通した要素について考察し、高齢者がより生き生きとした日常生活を送れるよう専門職として求められる役割と資質を考える。 
     まず、介護とは病気やケガ、加齢により心身の機能が低下し毎日の食事や掃除、洗濯など身の回りのことや入浴や排泄になど、日常生活を営むことが困難な状態にある個人を対象とし、その個人の生活を維持し、安心して自立した生活が送れるよう支障を取り除き、不足部分を補えるよう援助を行うことである。特に高齢者を対象として介護を行う場合にはその高齢者自身が生涯で獲得してきた生活技法と残存能力に着目し必要な援助を把握しておかねばならない。介護を必要とする高齢者の今までの生活歴や環境、個性と価値観を人として尊重することが重要である。それらを踏まえ、福祉従事者は高齢者が満足できる、自立した日常生活が送れるよう援助を提供する役割を担う。具体的な役割りとして第一に日常生活において支障となる部分、また困難が予測される状況を考え援助が必要となる状況を把握しなければならない。日常生活において欠かすことの出来ない食事や排泄、入浴など身体や動作への援助、または調理、掃除、洗濯、買物代行、健康の管理を含めた生活援助があげられる。それらの援助を行う場合、必ず安全性を確保し、高齢者の自立心や尊厳を損なわないよう配慮が必要である。第二に高齢者が必要としている援助により応えやすい社会資源の情報の提供や活用を促すことである。特に高齢者はなんらかの疾病を併せ持つこともあり、介護サービスの他に医療サービスを必要とすることが多い。また社会的、精神的に孤立しないよう社会福祉サービスや地域社会のあらゆる資源を活用し、社会と連携して多角的に援助を行うよう調整することも重要な役割と言えるだろう。この場合、高齢者の意向や心情に沿った必要な援助であるかどうか十分な配慮と確認ができるような関係であることが望ましい。第三に高齢者とその家族への精神的な援助を行うことである。社会構造の変化により高齢者の一人暮らし、または高齢者のみの世帯の増加により以前のような家族間のふれあいが減り、孤独を感じる高齢者が少なくない。また高齢者が高齢者を介護するといういわゆる「老々介護」世帯では介護者の精神的、肉体的な負担が大きく、疲労しきってしまう場合もある。加齢や疾病による心身の機能が低下することへの恐怖感、心配や家族間のトラブル、諸々の事情でなんらかの不安を抱えていることが多い。また高齢者は自身の考えや状態をはっきりと表示できるとは限らない。そのような高齢者に対し、心情をを真摯に受け止め受容的な態度で接し精神的な安定を図ることが求め

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢者が求める福祉専門職について
     戦後より近年にかけて日本では大きく社会構造が変化したと言えるだろう。医療水準の向上とともに類を見ないほどの高齢化が進み、また核家族化、女性の社会進出の増加などによりそれまで家族が担ってきた介護を行う者が不在となることなど、介護をめぐる問題が深刻化してきた。高齢者の日常生活において困難をきたすおそれがある問題を社会的にとらえ、対応するために平成十二年四月に介護保険が導入され社会全体で支える体制となり、その中で介護に従事する福祉専門職が大きな役割を持つと思われる。その高齢者の日常生活に介護、または援助を提供する福祉職の有資格職としておもに社会福祉士、ケアマネージャー、介護福祉士、ホームヘルパーがあげられ、医療面からも医師、看護師、作業療法士、理学療法士、その他精神保健衛生士や臨床心理士など多岐にわたり専門的な役割と活動もそれぞれだが福祉職全般において求められる共通した要素について考察し、高齢者がより生き生きとした日常生活を送れるよう専門職として求められる役割と資質を考える。 
     まず、介護とは病気やケガ、加齢により心身の機能が低下し毎日の食事や掃除、洗濯..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。