国語二学年学年末テスト問題用紙

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数842
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    現代文章書き方

    代表キーワード

    国語文章

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国語 二学年 期末テスト 問題用紙 
    [一]次の文章を読んであとの問に答えなさい。 
      ゆく川の流れは絶えずして、(  ①  )、もとの水に(  ②  )。(  ③  )に浮かぶ(  ④  )は、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。(  ⑤  )にある人とすみかと、またかくのごとし。
      たましきの都のうちに、棟をならべ、甍を争へる、高き、いやしき、人のすまひは、世々を経て尽きせぬものなれど、
    これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。あるいは去年焼けて今年作れり。あるいは大家滅びて小家となる。住む人もこれに同じ。所も変はらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二、三十人が中に、わづかに一人二人なり。朝に死に、夕べに生まるるならひ、ただ水の泡にぞ似たりけり。知らず、生まれ死ぬる人、いづ方より来たりて、いづ方へか去る。また知らず、仮の宿り、『たがためにか心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる』。その、あるじとすみかと、無常を争ふさま、いはば朝顔の露に異ならず。あるいは露落ちて花残れり。残るといへども朝日に枯れぬ。あるいは花しぼみて露なほ消えず。消えずといへども夕べを待..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。