羅生門 プリント 授業用 内容理解 予習復習に

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数5,177
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    羅生門 芥川龍之介 全体俯瞰プリント場所 段落下人の心理(心の動き)  下人の行為・状況門の下
    「大きなにきびを気にしながら」
    日暮れ、羅生門の下
    「ぼんやり、雨の降るのを眺めていた」雨止みを待つ
     落
    ・主人に暇を出され、途方に暮れる
    失職による生活不安
      ↓
     段
    ・取り留めもない考えをたどる
    羅生門の荒廃
    「飢え死にを避けるためには手段を選んでいるいとまはない」
    晩秋の日暮れから夜へ
     一
    「選ばないとすれば、盗人になるより仕方がない」
    止まない雨などから
    ↓(低回から逢着へ)
    Sentimentalisme(感傷的な気
     第
    ・ためらい持ち)へ影響・盗人になる、という決断
    〈決断できない〉
    「積極的に肯定するだけの、勇気が出ずにいた」・大きなくさめ(低回から覚め、「今」を意識しだした)「今」を意識せざるを得なくなった。はしご
    ともかくも、夜を明かそう
    「雨風の憂えのない、人目にかかるおそれのない、一晩楽に寝ら〈心身の疲労〉
    れそうなところがあれば」

    ・高をくくる「羅生門の上は、どうせ、死人ばかりである」〈休める場所、という意識〉
    緊張「息を殺しながら、上の様子をうかがって

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    羅生門 芥川龍之介 全体俯瞰プリント場所 段落下人の心理(心の動き)  下人の行為・状況門の下
    「大きなにきびを気にしながら」
    日暮れ、羅生門の下
    「ぼんやり、雨の降るのを眺めていた」雨止みを待つ
     落
    ・主人に暇を出され、途方に暮れる
    失職による生活不安
      ↓
     段
    ・取り留めもない考えをたどる
    羅生門の荒廃
    「飢え死にを避けるためには手段を選んでいるいとまはない」
    晩秋の日暮れから夜へ
     一
    「選ばないとすれば、盗人になるより仕方がない」
    止まない雨などから
    ↓(低回から逢着へ)
    Sentimentalisme(感傷的な気
     第
    ・ためらい持ち)へ影響・盗人になる、という決断
    〈決断できない〉
    「積極的に肯定するだけの、勇気が出ずにいた」・大きなくさめ(低回から覚め、「今」を意識しだした)「今」を意識せざるを得なくなった。はしご
    ともかくも、夜を明かそう
    「雨風の憂えのない、人目にかかるおそれのない、一晩楽に寝ら〈心身の疲労〉
    れそうなところがあれば」

    ・高をくくる「羅生門の上は、どうせ、死人ばかりである」〈休める場所、という意識〉
    緊張「息を殺しながら、上の様子をうかがって..

    コメント1件

    mustang69 販売
    ○→○には「恐怖の割合」「憎悪の割合」それぞれの変化が入ります。本文から読み取ってみてください。
    2009/05/21 14:31 (7年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。