現代の標準英語 米語 相違 佛教大 英語学概論 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数598
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現代の標準的英語と米語の相違を具体例を挙げて論ぜよ。
     英語は現在、世界中の国々で使用されている。コミュニケーション言語としては、かなり有力な言語であろう。英語の話者数はそうとうの数に上ると考えられる。つまり、世
    しかし、英語は本来、様々な言語に
    本レポートではアメリカ英語とイギリス英語を語彙、綴り、発音、そして文法の点から比較、そして対照し、その相違について論じていきたい。
    <語彙の違い>
    まず、アメリカ英語とイギリス英語で語彙の異なる単語の代表的な例をあげたい。
    お菓子

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の標準的英語と米語の相違を具体例を挙げて論ぜよ。
     英語は現在、世界中の国々で使用されている。コミュニケーション言語としては、かなり有力な言語であろう。英語の話者数はそうとうの数に上ると考えられる。つまり、世界で最も影響力のある言語であることは間違いないのだ。ところで我々、日本人にとって「英語」というと、「アメリカ」を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。それは日本で行われている学校教育の影響が強い。その「英語」のほとんどは「アメリカ英語」なのだ。それはアメリカという国の国際社会における権力や、政治的な発言力の強さを意味しているのかもしれない。
    しかし、英語は本来、様々な言語に影響を受け、イギリスで確立された。その英語が世界に広まったのは、イギリスの世界進出によるところが大きい。イギリスは植民地を世界中に広げていった。その結果、ヨーロッパの主要言語だけでなく、世界各国の言語からも英語は多くの語彙を吸収することになった。イギリス英語はさまざまな地域で独自に生じてきた文化・言語の多様性を逆に受け入れて、進化していくことになった。本レポートではアメリカ英語とイギリス英語を語彙、綴り、発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。