英米文学概論 (合格済) 科目最終試験 解答 出題傾向付 佛教大

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,388
ダウンロード数55
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    P6101 英米文学概論
    1 ヘミングウェイの代表的な長編小説について述べなさい。
     ヘミングウェイの代表作は多くある。その舞台はスペイン・イタリア・フランスなどが多い。しかし、会話はすべて英語で表現されているため、標準的な英語が使われている。なかでも『日はまた昇る』『武器よさらば』『誰がために鐘は鳴る』『老人と海』の4作品は、ヘミングウェイの長編小説としてもっとも広く知られている。以下でそれら4作品について述べていく。
     『日はまた昇る』
    この作品でヘミングウェイは有名になった、とされている。主人公は2人である。彼らを通じて、
     『武器よさらば』
    この作品はヘミングウェイのイタリア戦線での体験を元としている。内容は負傷した兵士と、
     『誰がために鐘は鳴る』
    この作品はヘミングウェイの作品の中でもっとも長い小説である。ヘミングウェイの作品は登
     『老人と海』
    この作品でヘミングウェイはノーベル文学賞を取った。内容は前半部で
    2 エマスンの文学論について述べなさい。
     エマスンは「国民の教師」と一般的に呼ばれている。また、アメリカ19世紀の「超絶主義」の中心人物とも言われる。19世紀、エマスンは『自然論』を発行した。内容は自然と

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6101 英米文学概論
    1 ヘミングウェイの代表的な長編小説について述べなさい。06年度5月午前 1月午後
     ヘミングウェイの代表作は多くある。その舞台はスペイン・イタリア・フランスなどが多い。しかし、会話はすべて英語で表現されているため、標準的な英語が使われている。なかでも『日はまた昇る』『武器よさらば』『誰がために鐘は鳴る』『老人と海』の4作品は、ヘミングウェイの長編小説としてもっとも広く知られている。以下でそれら4作品について述べていく。
     『日はまた昇る』
    この作品でヘミングウェイは有名になった、とされている。主人公は2人である。彼らを通じて、国籍を失ったものたちの虚無的な生活が描かれている。舞台はフランスとスペインである。筋はとくになく、エピソードが連続する。文体はハードボイルドと呼ばれており、それが大きな特徴となっている。また、あることばがこの作品を通じて、有名になった。それは’You are all a lost generation.’=「失われた世代」ということばである。そのことばの影響で、「ロスト・ジェネレーションの作家」というものが生まれた。それは世界大戦に参加..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。