英文法 A判定 主語を先行詞にした非限定の関係詞文句と分詞構文 第1設題 佛教大

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,063
ダウンロード数66
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「主語を先行詞にした非限定の関係詞文句と分詞構文とを比較考察しなさい」
     主語を先行詞にした非限定の関係詞文句と、分詞構文とは何か。それぞれの本質をまずは探っていきたい。その上で両者を比較しながら、その共通性と相違点について考察していく。
    【非限定の関係詞文句で主語を先行詞にすると、何がポイントとなるのか】
    まず「主語を先行詞にした非限定の関係詞文句」の前に、「非限定の関係詞文句」とは何か、について考えていく。それはある誤信が流布しているからである。それは「非

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「主語を先行詞にした非限定の関係詞文句と分詞構文とを比較考察しなさい」
     主語を先行詞にした非限定の関係詞文句と、分詞構文とは何か。それぞれの本質をまずは探っていきたい。その上で両者を比較しながら、その共通性と相違点について考察していく。
    【非限定の関係詞文句で主語を先行詞にすると、何がポイントとなるのか】
    まず「主語を先行詞にした非限定の関係詞文句」の前に、「非限定の関係詞文句」とは何か、について考えていく。それはある誤信が流布しているからである。それは「非限定文句は一律だ」というものだ。しかし実際、非限定関係詞文句は少なくても3種類に分けて考えるべきである。以下に、非限定関係詞文句のおもな3用法を大まかに述べていく。
    [挿入句的非限定関係詞文句]:先行詞の後に挿入され、その内容を詳しく描写する。
    [継続的非限定関係詞文句]:先行詞を受けてさらに話題を進めていく。これらは各々に独立した単一の文句、または等位文句に相当する。
    [分離的関係詞文句]:先行詞を含む前の文から分離され、関係詞が後続する文の文頭に立つ。
    以上の3用法のなかで、分詞構文との比較において特に重要な要素がある。それが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。