佛教大 英文学史 A判定 ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮して述べよ。 第2設題 P6301

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,182
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。』
    ヴィクトリア女王がイギリスを統治していた1837年から1901年の期間、イギリス史においてイギリスは絶頂期であったと言われる。その要因は産業革命による経済発展の成熟に起因する。この時期に生まれた小説における普遍的な特徴とはどのようなものだったのか。まずは、当時の社会的な背景にふれながら、ヴィクトリア時代を定義付けしていく。次にヴィクトリア朝の小説の特徴と文学史上の位置付けについて概説をしていく。その上で、ヴィクトリア時代を代表する作家達である、ディケンズ・サッカレー・ブロンテ姉妹らの作品に焦点を絞り、それらの特色を詳しく述べていきたい。
     

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。』
    ヴィクトリア女王がイギリスを統治していた1837年から1901年の期間、イギリス史においてイギリスは絶頂期であったと言われる。その要因は産業革命による経済発展の成熟に起因する。この時期に生まれた小説における普遍的な特徴とはどのようなものだったのか。まずは、当時の社会的な背景にふれながら、ヴィクトリア時代を定義付けしていく。次にヴィクトリア朝の小説の特徴と文学史上の位置付けについて概説をしていく。その上で、ヴィクトリア時代を代表する作家達である、ディケンズ・サッカレー・ブロンテ姉妹らの作品に焦点を絞り、それらの特色を詳しく述べていきたい。
     ヴィクトリア朝は社会変化の観点から、初期・中期・後期に分類される。初期は、産業資本家の勢力が拡大した時代である。その例として1846年の穀物法廃止などがある。中期にはグラッドストン首相によって自由貿易体制が整えられた。その例として1860年の英仏通商条約があげられる。ここでイギリス帝国は絶頂期を迎えた。その象徴なのは1851年の万国博覧会であろう。また、1859年にはダーウ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。