佛教大 英米文学概論 18世紀においてイギリスが他国に先がけて小説を生み出したのは 第1設題 P6101

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数798
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『18世紀においてイギリスが他国に先駆けて小説を生み出したのは何故かをイギリスの歴史とそれが生み出す社会を考察しつつ述べよ』
     イギリスは他国にはない目ざとい産業の発展があった。他の国に先駆けて、イギリスには「産業革命」が起こったからである。その理由として、イギリスが海外でフランスやスペインを相手に植民地競争に勝利し続けたことがあげられる。また、イギリスには、鉄・石炭・錫などの恵まれた資源があり、それも産業発展の貢献へ大いに働いた。この大いなる産業発展により、イギリス市民には、経済的かつ精神的に余裕が生まれた。それは18世紀末の政治的激動期と同じ時期であった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『18世紀においてイギリスが他国に先駆けて小説を生み出したのは何故かをイギリスの歴史とそれが生み出す社会を考察しつつ述べよ』
     イギリスは他国にはない目ざとい産業の発展があった。他の国に先駆けて、イギリスには「産業革命」が起こったからである。その理由として、イギリスが海外でフランスやスペインを相手に植民地競争に勝利し続けたことがあげられる。また、イギリスには、鉄・石炭・錫などの恵まれた資源があり、それも産業発展の貢献へ大いに働いた。この大いなる産業発展により、イギリス市民には、経済的かつ精神的に余裕が生まれた。それは18世紀末の政治的激動期と同じ時期であった。
     この激動ともいえる産業革命により、イギリス国民に与えられた様々な余裕が、イギリス文学を生む原動となったと考えられる。しかし、それはイギリスの歴史とどのように関わってきたのだろうか。
     まず「清教徒革命」が挙げられる。多くの清教徒を含む産業市民層によって、「権利の誓願」が提出された。しかし、チャールズ一世はこれを無視し、カルヴィン派に属する清教徒などに圧迫を加えた。結果、「清教徒革命」が起こり、クロムウェルが率いる清教徒軍が勝利..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。