学校教育課程論

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数468
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。
     
    教育課程の基準
    テキスト『学校教育課程』第2章を参考に“わが国における学習指導要領の歴史的変遷と教育内容の変化”を通して教育課程の基準について探っていきたい。
    昭和22年『学習指導要領 一般編(試案)』の制定
    昭和22年といえば、戦後の混迷から民主化の時代であり、教育課程編成は一定の基準は設けられていたものの、概ね現場の裁量にゆだねられていた。
    具体的に小学校の教育課程は国語・社会・算数・理科・音楽・図画工作・家庭・体育・自由研究の9教科であり、この時期、修身・歴史・地理の代わりとして「社会科」が新設され、さらに「家庭科」と「自由研究」も新設された。
    昭和26年 学習指導要領改定
    以前の9教科に変わって4つの経験領域という大まかな枠組みへと再編された。4領域とは「主として学習の技能を発達させるに必要な基礎教科」(国語・算数)「主として社会や自然についての問題解決の経験を発展させる教科」(社会科・理科)「主として創造的要素を発達させる教科」(音楽・図画工作・家庭)「主として健康の保持増進を助ける教科」(体..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。