教育相談の研究

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数375
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の
    課題について述べなさい。
    はじめに
     “学校カウンセリング”とは、よく使われる言葉であるが、しかし一体これはどういう意味であるか。一般的に考えれば、「学校で行われるカウンセリング」というように理解できるが、では「誰が」行うのか?いつ始まったのかについて少し考えてみたい。
    テキスト第2章によると、学校カウンセリングという制度を発展させるきっかけとなったのは1995年度からスタートした文部省のスクールカウンセラー授業であり、
    学校において教師が行うカウンセリングを教師カウンセリングといい、スクールカウンセラーの行うカウンセリングをスクールカウンセリングという。
    学校カウンセリング(教育相談)と成人対象の一般カウンセリングにはどのような違いがあるのか、テキスト「学校カウンセリング入門」を参考にして、以下にまとめていく。
    一般カウンセリングと学校カウンセリング
    カウンセリングには大きく分けて2種類あり、一つは“治療的カウンセリング”であり、もう一つは多くの場合学校で行われる“発達援助的カウンセリング”である。
     われわれ大人は自分にとっていやなことで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。