20世紀後半におけるアメリカ社会の多様性・異質性

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,656
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    20世紀後半におけるアメリカ社会の多様性・異質性の増加と、これまでたどってきたアメリカ社会の文脈を考え合わせ、アメリカ人はどんな社会を理想とすべきと考えていると思われるか。
    アメリカ人が抱く理想の社会とはどのようなものかについて、アメリカ入植当時の「メイフラワー誓約」、イギリスからの独立時の「独立宣言」と「合衆国憲法」そして20世紀におけるアメリカ社会を考察することで、明らかにしていきたい。
    まず、入植当時の「メイフラワー誓約」を読み解きたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    20世紀後半におけるアメリカ社会の多様性・異質性の増加と、これまでたどってきたアメリカ社会の文脈を考え合わせ、アメリカ人はどんな社会を理想とすべきと考えていると思われるか。
    アメリカ人が抱く理想の社会とはどのようなものかについて、アメリカ入植当時の「メイフラワー誓約」、イギリスからの独立時の「独立宣言」と「合衆国憲法」そして20世紀におけるアメリカ社会を考察することで、明らかにしていきたい。
    まず、入植当時の「メイフラワー誓約」を読み解きたい。本国イギリスを追われ、オランダに辿り着いたピューリタン達は、オランダでも叶わなかった、イギリス人農民としてまとまって生活をしたいという希望を下に、更なる地を求めて新大陸を目指すことになる。これらの人々がメイフラワー号に乗って新大陸に上陸する「ピルグリズム」あるいは、「ピルグリム・ファーザーズ」と呼ばれる人々である。ここで強調したいのは、この集団は全員がピューリタンで構成されているという誤解があるが、実は聖徒とよそ者(ピューリタンではないイギリス人)から成っており、その構成比は実によそ者の方が少し多いというのが実際なのである。この一元的でなく、宗教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。