日本型の学歴社会の特質についてまとめ、学歴社会の今後の展望について述べよ(科目試験用)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,116
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育社会学の科目最終試験の対策です。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本型の学歴社会の特質についてまとめ、学歴社会の今後の展望について述べよ
    現在の日本の学歴社会というシステムが生まれたのは、明治維新の大改革の時代である。それまでの身分階級社会では、子どもは自分の生まれ持った身分によって、進路や職業が
    決定された。士族の子どもは藩校、町人・農民の子どもは寺子屋へというように、教わる教育機関がそれぞれ異なり、教わる知識や技能も異なったのである。当然のことながら、職業を選択し決定するという自由はなく、子どもの将来は父親と同じ身分に参入していくことであった。
    しかし、国家の改革の時代に入ると、このような考え方では「富国強兵」などの国家目標を達成させることが困難になっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。