いじめや不登校といった、現代社会の教育的諸問題に対処していくためには教師にはどのような資質や適性が強く求められるかを具体的に述べよ(科目試験用)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数638
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校教育職入門の科目試験対策です。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    いじめや不登校といった、現代社会の教育的諸問題に対処していくためには教師にはどのような資質や適性が強く求められるかを具体的に述べよ。
    不登校はかつて学校恐怖症と呼ばれ、広場恐怖症や高所恐怖症などと同じような神経症的な心の病と考えられたのである。もちろん現在でも「学校に行きたいけど行けない」という不登校も多く存在するが、次第に原因や特徴が多様化している。
    小学校では学校に行きたいけど行けない不安等情緒的混乱の型が最も多く、中学生では無気力型が多く、遊び・非行型についても小学校に比べ急増している。
    当初、不登校の児童・生徒に学校に行きたいけど行けないという者が多かったためもあり、近年では安易な投稿刺激は与えないほうがいいと考えられていた。実際、そのような神経症的な不登校の者に対して登校刺激を与える事は、彼らがもつ「学校へ行かなくては」という義務感をさらに強めることになり、その義務を果たしてない自分に対する嫌悪感から、ひきこもりや自傷行為、家庭内暴力などの二次反応を引き起こしてしまうことになる。
    しかし、不登校のタイプが多様化する中で、登校刺激は与えないほうがいいという考えかたはあまりに一面..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。