カントの哲学を、それに至る歴史とともに要約せよ

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数444
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    哲学概論の合格レポートです。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    カントの哲学を、それに至る歴史とともに要約せよ。
     イマヌエル・カントはプロセイン王国出身
    の思想家で大学の教授である。近代において
    最も影響力の大きな哲学者の一人である。
    生涯、数々の著作がある。『純粋理性批判』
    『実践理性批判』『判断力批判』の三批判書
    を発表し、批判哲学を提唱して、認識論にお
    ける、いわゆる「コペルニクス的転回」をも
    たらす。ドイツ観念哲学の祖でもある。
     カントの故郷東プロセインは、戦争や伝染
    病などの災難が続き、人口が半分以下にまで
    減少する酷い状況下に陥ったが、カントが生
    まれるころには、痛手から立ち上がりつつあ
    った。
    カント家は敬虔な家庭であったが、経済的に
    は恵まれず、かなり貧しい生活を送っている。
    父親は皮紐の裁断工で、カントは子どものこ
    ろよく父親の仕事場に行き、父親が皮紐を手
    際よく裁断した手綱をつくる様子をおもしろ
    がって眺めていたという。
    母親は息子を散歩に連れ出し、田舎道を歩い
    ては草花の名前を教え、夜になれば空を見上
    げ、星と星座の名前を教えていた。
    愛情に満ちてはいるが謹厳実直な母親のこの
    生き方が、カントの道徳観に強い影響力を及
    ぼす..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。