「全ての物体は重い」と「5プラス7は12である」を間とはどのように区別するか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数602
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    哲学概論の科目最終試験問題です。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「全ての物体は重い」と「5プラス7は12である」をカントはどのように区別するか。
    「先天的総合判断」を中心に説明せよ。
    知識は判断を通じて得られるが、判断には三種ある。一つは「全ての物体は重い」というような総合的判断である。これによって知識は拡大されるが、その知識は経験的であって、相対的な確実さしかもたない。二つは「すべての物体は延長している」という分析的判断である。これによる知識は先天的であり、必然性・確実性をもっている。しかし、それは主語概念「全ての物体」の分析・説明であって、知識を何ら拡大するものではない。
    ところで、知識を拡大すると同時に必然的・確実的な判断はないものだろうか。
    それは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。