哲学と宗教の関係について、主にピュタゴラスの思想を例にとりあげながら述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数677
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    哲学概論の科目最終試験問題です。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    哲学と宗教の関係について、主にピュタゴラスの思想を例にとりあげながら述べよ。
    ピュタゴラスの思想によると三つは中心的な概念を数えることができる。一つは観照(テオリア)である。彼は次のような比喩を用いて観照の重要性を説いている。人生とはお祭りのようなものである。つまり、通常の人々は名誉や富を得ようとして生きているけれど、観照を専らにする人はこれらを度外視して、ただ観るのである。「真実」を求めるという積極的な事態を指している。そして秩序ある宇宙(コスモス)である。他にもう一つの概念は浄化(カタルシス)である。丁度、身体が医薬によって浄化せられるように、魂は音楽すなわち調和せる音階によって肉体的束縛..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。