医療をめぐる法律問題について

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数434
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法律学概論の合格レポートです。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療をめぐる法律問題について。
    はじめに。
    わが国の従来の医療は恩恵的な色彩を帯び
    ていて、意志の権威主義の影響の下で行われ
    ていた。例えば、交通事故で公平な調査をす
    る、警察官を「先生」と呼ぶ人はいない。し
    かし、医療事故で公平に調査をしない、医師
    を「先生」と呼ぶ人は多い。このことは医師
    の権威の大きさを物語っているともいえる。
     ところが、近年、医療事故に際し、不法行
    為として、裁判に訴えることが増加している。
    これは医療を患者の立場に立って行う行為と
    して確立しようとするものである。
    2、医師と患者の権利義務関係。
     憲法25条は「すべて国民は健康で文化的
    な最低限度の生活を営む権利を有する」と定
    め、生存権を保障している。この実現の上で
    重要なのが、適切な医療を受ける権利である。
     しかし、近時における医療の高度化、複雑
    化、分業化、産業化や患者数の増大、医師不
    足などにより、医療時間の短縮、病院のたら
    い回し、診療拒否など、医療の歪みや医師患
    者の関係の希薄化が問題視されるようになっ
    た。これらの問題を解決するため、「医療に
    おける患者の主体的地位を尊重する」ことに
    より、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。