刑事裁判と人権について論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数479
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法律学概論の科目最終試験問題です。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    刑事裁判と人権について論じなさい。一昨年8月、3月、1月
    「加害者の人権保護」
    ①黙秘権と弁護人依頼権
    黙秘権は、自白偏重の捜査や裁判を防止し、被疑者・被告人の基本的人権を保障するとともに、客観的な証拠に基づく刑事裁判の実現に資するものといえる。
    黙秘権の実質的保障、および不当な方法による自白の獲得の防止には、取調べへの弁護人の立会いを認める、あるいは取り調べの状況を録画・録音するなどの制度が必要であると主張されている。黙秘権をはじめとする被疑者・被告人の権利を適切に行使するためには、法律専門家である弁護人の援助が不可欠である。そこで、憲法三十七条三項は、弁護人依頼を保障しており、刑事訴訟法は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。