高齢者の財産管理の法律関係について論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数344
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法律学概論の科目最終試験問題です。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢者の財産管理の法律関係について論じなさい。一昨年4月
    社会の中で安定した生活を維持するためには、取引活動を通じて自己の生活を組み立て、あるいは財産を形成し管理することが不可欠となる。そうした状況は、高齢者にも例外なくあてはまるのである。
    痴呆症などを原因として判断能力が不十分となった高齢者にも自己の責任で生活を組み立てるように求めることは、あまりにも酷である。悪質な取引に巻き込まれ、きわめて不利な条件で貴重な財産を処分してしまうケースもあるのである。
    民法上、判断能力の不十分な者を保護する方法としては二つ挙げられる。
    断能力が不十分な者について「単独で有効な取引ができる資格」(行為能力)を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。