生命の誕生をめぐる法律上の問題点について論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数446
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法律学概論の科目最終試験の問題です。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生命の誕生をめぐる法律上の問題点について論じなさい。5月、1月。
    従来、生命誕生の神秘に関しては人知の及ぶところではなかった。しかし、近時の医学は生命の誕生にも介入しつつあり、男女生み分け、選択的中絶、顕微授精、胎児や受精卵の遺伝子診断など多くの技術が開発され、その多くは臨床にも応用されつつある。
    これらの技術を用いて、代理懐胎や卵子提供という方法がとられることもある。
    人工授精や体外受精に関連する問題点として
    人になる可能性を秘めた胚を実験に用いてもよいか。
    精子、卵子、胚の売買は認められるか。
    精子や卵子を夫婦以外の者が提供した場合の父母は誰か。
    提供者が匿名の場合、子供に自らの遺伝学上の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。