採用内定の法的性質について論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数733
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法律学概論の科目最終試験問題です。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    採用内定の法的性質について論じなさい。11月、3月、11月、7月
    わが国では、使用者が大学・高校の卒業予定者のうちから早期に人材を確保することを目的として、実際の就労開始予定日よりかなり以前に労働者の「採用内定」を行うことが多い。
    しかし、企業が内定後に内定者の従業員としての不適格等を理由に内定取り消しを行うことも少なくないし、内定後の景気変動等を理由に内定が取り消されるケースもある。
    問題はこうした採用内定の取り消しに対して内定者に対してどのような法的救済が与えられるかである。
    学生側の就職活動に対して使用者が行う採用内定通知を正式採用に至るまでの一連のプロセス、労働契約の予約であると解すれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。