平成20年版学習指導要領における公民的分野の改訂の趣旨と要点を、これまでの学習指導要領に基づく指導上の課題や生徒の実態、社会の要請などと関連させて説明しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数505
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教科教育法社会の公民的分野の科目最終試験の問題です。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成20年版学習指導要領における公民的分野の改訂の趣旨と要点を、これまでの学習指導要領に基づく指導上の課題や生徒の実態、社会の要請などと関連させて説明しなさい。11月
    第3学年の授業時数が140時間に増えた。これは現代史(歴史)の充実のためにずれ込む時間の補充とも考えられる。しかし、やはり現代社会の学習を充実させ、情報化、グローバル化といった多くの課題に対応させ、よりよい社会の形成に参画する資質を育てるという重要性を認識しているからである。
    現代社会の特色や現代社会における文化の意義や影響に関する学習の重視。
    「私たちの生きる現代社会と文化」を新設。多様な文化とその影響を理解する。
    現代社会を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。