社会科における生徒の意思決定能力について説明しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数213
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教科教育法社会の科目最終試験問題の問題です。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会科における生徒の意思決定能力について説明しなさい。去年4月、
    生徒の意思決定能力の育成のための背景には、倫理原則または価値観についての合意が前提とされているのである。例えば日本人の生活信条の中核になっているものは、国民主権、基本的人権の尊重、国際平和主義の3原則である。
    意思決定能力の育成にあたっては①知的側面の教育②社会的側面の教育③個人的側面の教育という3つの領域が重要な役割を果たしている。
    知的側面の教育
    知的側面の教育目標は、生徒に社会科学者の思考法を育成することである。つまり、個人的な人間関係や、集団的な地域社会の生活や、国家および国際社会の生活という三つの異なった生活の中にある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。