19世紀の政党の歴史について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数187
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    試験対策にどうぞ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    19世紀の政党の歴史について述べよ。
    国会開設の勅諭が出されると10月18日に自由党盟約を決議し、総理板垣退助以下の組織を決定し自由党が成立する。下野した大隈らはその翌年、立憲改進党を組織する。
    民権運動を弾圧する過程で政府は立憲制度の準備をすすめていた。渡欧した伊藤博文は
    起草責任者となり、1889年大日本帝国憲法として発布された。
    帝国憲法の内容は議会制、内閣制、司法権の独立、臣民の権利義務などを制定し、一応、近代的な体裁を採用したが、神聖不可侵の天皇が統治権をもつという天皇主権を基本原則とし、議会制の機能はきわめて弱かった。
    89年に衆議院議員選挙法が公布され、90年に第一回の総選挙が始..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。