古代社会における信仰の歴史について述べる

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数455
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    試験対策にどうぞ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    古代社会における信仰の歴史について述べる。
    仏教は、7世紀後半には全国にひろがり、奈良時代に入る頃から仏教はしだいに民衆にもひろまっていく。僧尼令は勝手な民間布教を禁じている。しかし行基は弾圧されながら、橋を架け池を造るなどの社会事業を通して教えを広めていった。
    聖武天皇は天平一三(七四一)年に国分寺創建の詔、天平一五年には大仏造立の詔をだす。
    仏教の力をかり、すべての民を「知識」とすることによって、社会の新たな結集を図ろうとしたものと言える。
    古くからの神々は山・川・雷などの自然神が中心で、地域ごとにさまざまな神がまつられていた。大陸から伝わった道教・陰陽道の要素を取り入れ、仏教からの影響も..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。