開国をめぐる政治過程について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数470
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    試験対策にどうぞ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    開国をめぐる政治過程について述べよ。
    弘化元(一八四四)年、オランダ国王親書がもたらされ、開国してはどうかと勧告してきた。幕府はこれを拒否したが、フランス船・イギリス船が琉球に来航して開国・通商を要求するなど、幕府の「鎖国」政策を揺るがす事件が起こる。
    度重なる他国の開国要求に対し、幕府は拒否をしてきたが、嘉永六(一八五三)年、アメリカのペリーは浦賀に来航し、フィルモア大統領の国書を提出して開国を求めた。幕府は朝鮮・琉球以外の国書を受理しない従来の方針を破って正式に受け取り、翌年に回答すると約束してとりあえず退却させた。その直後にはロシアからの開国の要求もあった。
    ペリーは翌年、ふたたび来航し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。