秦の天下統一の意義を述べよ

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数330
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    外国史レポートです。参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    秦の天下統一の意義を述べよ。
    春秋時代に保たれていた周王室の権威も徐々
    に衰えていき、戦国時代には周王朝の権威は
    地に墜ち、周は一諸侯となってしまう。
    そして、春愁の初め百数十あった諸侯も戦国
    時代に入ると戦国の七雄と呼ばれる、韓・魏
    趙・斉・燕・楚・秦の7国があった。
    春秋時代と戦国時代を分けるポイントは、周
    王室の権威と衰退と並び下克上の風潮が強ま
    ったことがあげられる。晋が臣下の国である
    韓・魏・趙の3国に分裂したことなどが挙げ
    られる。そして、7国は互いに他の諸国より
    も優位に立つべく富国強兵に力を入れる。
    つまり戦国時代は、実力本位の時代であり、
    その7国でもっとも富国強兵に成功したのが
    秦である。
    この秦を中心に戦国時代の状況、歴史的な流
    れを観ていく。秦は襄公(前778-766)
    の時、周の東遷に際して王室を護衛した功に
    より岐山以西の地を与えられ、その後、穆公
    のとき、百里けいを用いて勢力を拡大した。
    戦国時代になると、孝公(前381-前33
    8)は商おう(前390-前338)を用い
    て二度に渡る改革を行った。
    商おうの第1時改革のおもな内容は、①隣保
    制度を組織して連..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。