雑誌「新青年」の果たした思想的役割を述べよ,100点解答

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数292
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    雑誌「新青年」の果たした思想的役割を述べよ。
    「新青年」とは、1915年、陳独秀によって上海で創刊された雑誌である。
    この雑誌は、旧思想・旧文化・旧道徳・旧習慣を徹底的に批判し、個人の独立・個性の解放をその原点から追求した。この主張と実践はやがて新文化運動と呼ばれた。
    「新青年」を旗手とする新文化運動は、儒教批判・家族制度批判・婦人解放・文学革命の面においてもっとも顕著にあらわれた。なかでもその基本となったのは儒教批判であり、儒教は奴隷の道徳として厳しく批判された。「家族主義は専制主義の基礎である。封建社会が近代社会を牽制してその完全な発達を不可能にしているのである」と。
    家族制度に対するこう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。