生徒指導・進路指導の研究、教科教育と教科外教育とはどのような関係にあるのかについてまとめ、その構造と課題について説明できるようにせよ(レポート資料)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数437
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生徒指導・進路指導の研究の科目最終試験の解答です

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教科教育と教科外教育とはどのような関係にあるのかについてまとめ、その構造と課題に
    ついて説明できるようにせよ。
    学校というのは教育活動を行うための機関である。そこには教員と児童・生徒という教育
    活動の主体と客体が存在する。その両者が互いの接触交渉を通じて教育という営みが行わ
    れるのである。学校では、明確な教育目標があり、この教育目標の実現のために教科教育
    と教科外教育がある。教科教育というのはカリキュラムに基づく教科書があり、年間授業
    計画、月間授業計画、そして日々の授業の指導案があるのである。また、担当する教員の
    免許状により、一定の資格が定められている。そのため教科教育というのは教科外教育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。