青年期の不適応行動の主なものを説明し、それぞれの原因と考えられる諸要因について分かりやすく説明せよ(科目試験用)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数640
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校教育職入門、科目最終試験の解答です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    青年期の不適応行動の主なものを説明し、それぞれの原因と考えられる諸要因について分かりやすく説明せよ。
    社会の秩序や規範に対して、自己のパーソナリティやその他の個体的条件を適合的に調和・調整させていくことが、何らかの理由でできなくなったときに、不適応な状態が生ずる。
    その状態としては次のような場合が考えられる。
    欲求不満や葛藤に陥り、それに耐えられず、情緒的に混乱を起こしてしまう場合。
    心理的機能の障害により、現実の把握がゆがめられ、それに基づいた行動をとる場合
    パーソナリティや知能の面に障害や欠陥があるために、行動のコントロールが保てなく場合
    これらの結果として、社会環境に適合した行動がとれな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。