「児童の権利に関する条約」制定の背景と意義について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数462
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    児童の権利に関する条約

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「児童の権利に関する条約」制定の背景と意義について述べよ。
    今日、少子化やインターネットの普及などにより児童の権利を侵害するさまざまな事件が起こり、問題とされている。これにより児童の権利について改めて理解する必要が出てきた。そこで、「児童の権利に関する条約」制定の背景と意義についてみていきたい。
    1、条約制定の背景
    現在、子どもは最も守られなければならない存在であり、ひとりの人間としてその価値や人権を認められている。しかしこの位置づけは昔からではなく、第二次世界大戦後に本格的に条約などが作られており、まだ歴史が浅く、色々な困難があったのである。
     18世紀の教育思想家ルソーは、子どもが身分や階級などに関わりなく尊重されるべき存在であるという思想を主張したが、法律の制定まで及ぶことはなかった。法律の制定に影響を与えたのは、20世紀初頭にE.ケイが20世紀は「児童の世紀」と主唱し、児童の権利が最大限に尊重される社会を築くように提唱してからである。例えば、1909年に要保護児童問題などが論じられ採択された白亜館会議宣言などがある。
     しかし、第一次世界大戦が勃発し、多くの児童が犠牲となった。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。