「現在の生活保護法の基本原理、種類、内容についてのべよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数409
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    福祉

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「現在の生活保護法の基本原理、種類、内容について述べよ。」
     公的扶助とは、その原因のいかんにも関わらず貧困に陥り、自助により最低限度の生活を維持できない人々に対して、国民からの税金で生活の保障を図る制度のことである。これを具体化したものが生活保護制度である。
    今日、変化の激しい世の中に生活環境や社会環境においても大きく変化してきている。そのため、ホームレスなどのように生活に困っている人たちが増えてきている。そのような人たちのためにも生活保護法の見直しが必要とされている。ここでは、生活保護の基本原理、種類とそれぞれの内容について見ていき、生活保護の課題や今後のあり方について考えていきたいと思う。
    1、生活保護の基本原理
    生活保護法は「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とする憲法第25条の生存権の保障からなるもので、生活保護の目的は、憲法第25条に規定する理念に基づき、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することとされており、その基本的な原理については次のようなもの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。