「憲法の定める自由権(特に精神的自由)について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数795
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    憲法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「憲法の定める自由権(特に精神的自由)について述べよ。」
     現在、少子高齢化などの社会の変化に伴ってさまざまな事件や問題が起こり、基本的人権を侵す問題も増えてきている。これにより、自由権について見直す必要がでてきている。私たちのような福祉の仕事に携わる者にとっても、クライエントである高齢者、児童、障害を持っている人などと接するときに、クライエントのもつ基本的人権や権利を尊重し、精神的自由についても理解して、良好な関係を築いていくことが必要とされる。基本的人権とは、人が人である以上、生まれながらに当然に持っている基本的な権利のことをいい、自由権とは、人権において中心的な位置を占める権利であり、精神的自由、経済的自由、人身の自由の3つに大きく分けられている。ここでは、基本的人権について理解したうえで、精神的自由権の意義や必要性について述べていきたい。 
    精神的自由権について
    精神的自由の中とは、精神的自由に関わる物をいい、個人の人格的尊厳と民主主義の存立の基本となるものであることから、最も尊重されるべきものである。精神的自由権の中には、思想および良心の自由、信教の自由、集会・結社および表..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。