「福祉専門職者に必要な倫理と能力についてまとめ、自分なりの見解を述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,511
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉環境心理学社会福祉日本倫理社会情報心理介護

    代表キーワード

    福祉

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「福祉専門職者に必要な倫理と能力についてまとめ、自分なりの見解を述べよ。」
     今日、児童虐待や介護に関する事件が問題になっている。その中で福祉専門職者の倫理と能力が重要視されている。そこでこれからの福祉専門職者に必要な倫理と能力について福祉考えていきたい。
    専門職者に必要な倫理について
     倫理とは、人間として守るべき道で倫理綱領として明文化されており、行動の基準となるものである。
    いろいろな生活上の問題を抱え、様々な面で事情を抱えている人たちを対象とする社会福祉援助活動を行う福祉専門職者には、援助を必要とするクライエントの生存権を保障し個性を尊重するとともに、発達の可能性を最大限活かしていけるような倫理性が必要とされる。
     福祉専門職者に必要な倫理について日本ソーシャルワーカー協会の倫理綱領では主に次のように述べられている。
     原則としては、「①人間の尊厳・社会正義として、すべての人間を人種、性格、年齢、地位などに関わらずにかけがえのない存在として尊重し、差別、貧困、環境破壊などのない、自由、平等、共生に基づく社会正義の実現をめざす、②ソーシャルワーカーは、専門的力量を発揮し、その専門..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。