体液の恒常化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数498
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    福祉

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「体液の恒常化について述べよ。」
    私達が日々健康に過ごすためには、身体の機能が正常に保たれることが重要であり、その機能は身体を構成する基本的な単位である細胞からなっている。細胞は、器官ごとにそれぞれの働きをする細胞があり、この細胞や組織を浸す液体のことを「体液」と言う。
    1、体液
    体液は大きく細胞内液(ICF)と細胞外液(ECF)に分けられる。細胞外液は、組織液と管内液に分けられる。細胞液は間質液とも言い、血管外で細胞を浸しているものである。管内液には血漿、リンパ液、脳骨髄液が含まれている。
    人体の成人男性においての体液量は、健常時の全体液(細胞液+細胞外液)で体重の60%を占める。内訳は、体重に対して細胞内液が40%、組織液が15%、血液(血漿のみ)・リンパ液が4.5%・体膣液などが0.5%である。男性に比べて成人女性では、水分を含まない脂肪組織が多いために体重に対する体液の比率が小さくなる(男性の8割ほど)。さらに、体液比は年齢と共に減少していく。新生児では細胞外液量が多いため約78%と最も多いが、4歳位で成人とほぼ同じ比率になる。老人では細胞内液量が減少したことにより約50%であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。