集団援助技術の理論と内容

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数218
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    環境

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    集団援助技術の理論と内容について
    集団援助技術(グループワーク)とは、社会福祉援助の中の1つであり、集団を構成する個人同士の相互作用を活用して、個人の問題を解決する援助の方法・技術である。つまり、援助者と利用者の1対1の援助方法である個別援助技術とは異なるものである。
    しかし、集団援助技術は、援助者が管理して行うものであり、利用者だけで行うものではない。つまり、集団援助技術とは援助者が用いる体系的援助実践方法である。
    援助者は、利用者がグループ活動の経験から効果が出るように、利用者同士が助け合える体系を作るように援助する。これにより、利用者は「対援助者」での相互作用だけではなく「利用者同士」の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。